耐震診断 ホーム > 千葉県 耐震診断

千葉県 耐震診断

既存建物の耐震についての関心が年々高まっています。
既存建物の地震や災害時における倒壊を予防する補強を行うためには、
まずは耐震診断を行って、必要に応じて補強する必要があります。

当協会では、耐震診断から補強設計・改修工事まで幅広くお客様のご依頼に対応致しております。

千葉県の総住宅数(空き家などの居住世帯のない住宅を含む。)は、271万戸以上といわれ、東京都、大阪府、神奈川県、愛知県、埼玉県、北海道に次ぐ住宅数です。

千葉県の耐震診断のことは当協会にご相談ください。

昭和56年(1981年)に建築基準法の大改正が行われ、「新耐震設計基準」と呼ばれる基準が導入されました。
その後、平成12年(2000年)に再び建築基準法の改正が行われ、基準がさらに強化されました。

そのため昭和56年(1981年)以前に施工された建物は古い耐震基準で設計されています。
これらの建物は、現在の新耐震設計基準に満たしておらず、地震に弱い恐れがあります。

補強が必要と判断された場合には、直ちに対策をとり、地震大国といわれる日本にいつ起こるか予想もできない地震、災害に備えましょう。

お見積もりは無料です。
お気軽にお問合わせください。


 

耐震診断をご利用になられたお客様の声

千葉県にお住まいのF様

その節は、大変お世話になりました。
古い家なので、地震がきたら我が家は、どうなるんだろうといつも不安に思っていました。
そんな時に、以前こちらのお世話になった知人に紹介していただき
診断していただいて我が家の弱点を的確にご指摘していただきました。
その後、耐震改修工事もスムーズにしていただきまして
今では安心して生活ができるようになりました。ありがとうございました。

千葉県にお住まいのY様

耐震に備えて専門家に診て頂こうと思っておりましたが、
どんな業者さんにお願いしたらいいのか全くわからず、
インターネットで調べて日本耐震診断協会様と出会いました。
早速、診断をお願いしましたところ、丁寧にわかりやすく説明していただき
感謝しております。耐震診断の結果も親切に説明して頂きまして、有難うございました。

 
お問合せ
pagetop

耐震診断

外壁の赤外線調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について

コラム