耐震診断 ホーム > ドローン外壁調査

ドローン外壁調査

ドローンによる建築物の劣化調査・点検

足場がない場所でも調査・点検が可能に

これまでは高所作業車やゴンドラ、ロープアクセス等でしか確認することができなかった箇所の劣化、損傷をドローンを仕様する事で調査・点検する事が可能となります。
その結果、ビル等の所有者様にはリアルタイムで可視画像、赤外線画像または動画にて状況を確認して頂く事も可能となっております。

当協会では外壁打診調査や赤外線カメラを用いた外壁調査を数多くこなしてきました実績とドローンを活用する事でこれまでにも増して調査精度を上げる事が可能となり、より詳細な報告書をご提供させて頂けるものとなっております。
また現地での調査はある程度の規模の範囲ですと1日で撮影が可能となる為、所有者様や居住者様へのストレスがかからずに調査〜報告書まで実施させて頂けると考えております。

こちらの画像ではゴルフ練習場の鉄塔の錆の劣化状況、ボルトの締まり具合の確認ができます。

外壁タイル・モルタル面の浮きと思われる箇所をドローン×赤外線カメラで調査

(補修による注入跡が確認できます)

外壁面の浮きと思われる箇所を調査する場合、打診法以外に赤外線カメラを使用します。通常、当協会で行っております赤外線調査の場合、地上から撮影していきます。ただし周りに建物が隣接している場合や樹木等の障害物で許容範囲と言われている45℃以内に角度が収まらない事があります。
そういった場合、理想の位置までドローンを飛ばし撮影する事で調査精度を上げる事ができます。

赤外線カメラにて外壁面(タイル・モルタル)の浮きと思われる箇所の調査を行う場合は「晴れもしくは晴れ時々曇りの日」に撮影を行う必要があります。
外壁面に太陽光が照射する事でA,B,Cに発生した浮き箇所(剥離部)が高温になる事で周りの健全部との表面温度に差が生じます。(Cの浮きは広範囲で浮いているという事はなく、数枚の浮きとなりますが浮きしろが殆どなく、温度差に違いが出ません。)
当該原理を利用し、浮き箇所の調査を行っていきます。

但し、剥離部の浮きしろは1mm以上の浮きや0.1mmの浮き等様々ですが、僅かな浮きでは、表面の温度に差が出ない事が多々あります。
よって赤外線で温度差が生じる浮きはある程度の浮きしろがある場合の浮きという事になります。

漏水箇所を赤外線カメラで調査

赤外線カメラにて漏水の調査を行う場合は、雨が降った翌日等の壁面内は雨水が侵入している事で周りの健全部と比べ低温となります。漏水の根源となる箇所には特に温度が低い箇所となり、その様な箇所を重点的に調べる調査となります。
広範囲を非接触で行うことができる為、初動の一次調査といった位置付けとなります。

赤外線カメラの様子
ドローンの様子1ドローンの様子2

お問い合わせ〜報告書ご提出まで

  • お問い合わせお電話、メール等でのお問い合わせ
  • 調査方法のご提案必要な場合は現地を確認させて頂きます。また、調査内容により調査方法(赤外線カメラが必要か等)を選定させて頂きます。
  • お見積もり調査方法、撮影範囲が決定しましたらお見積書を作成させて頂きます。図面もご提供頂きます。
  • ご発注現場~報告書のご提出までのお打ち合わせ及び計画を致します。
  • 調査実施 安全第一に調査を行います。
  • 報告書提出報告書をデータ、ファイル綴じしお渡しさせて頂き業務完了となります。

耐震診断

外壁の赤外線調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について

採用情報