耐震診断 ホーム > 木造の耐震診断

木造住宅の耐震診断


「耐震・・・と言われてもピンとこない」
「たぶん我が家は大丈夫」
「私の住む所は大きな被害があるだろうか?」

と油断していませんか?

いつ起こるか予測ができない地震だからこそ、起こってからでは遅いのです。

昭和56年(1981年)以前の旧建築基準によって建築された住宅は、
耐震性が劣っている可能性があります。
そういった建物の耐震化を図ることが急務といえます。

建物の地震に対する強さを判定する「耐震診断」とそれを強化する補強強化・耐震改修工事

地震が起きた場合、建物の倒壊だけでなく、大切な命までも危険にさらされます
いつ来るかわからない地震に備えて、耐震診断のして、必要に応じて
補強設計・耐震改修工事をする事により被害を最小限に防ぐことが大切です。

一般財団法人日本耐震診断協会では、
木造・鉄筋コンクリート造・鉄骨造、などの耐震診断を無料お見積りしております。
まずはお気軽にお問合せ、ご相談ください。


 

耐震診断をご利用になられたお客様の声

群馬にお住まいのS様

私の家は古い建物なので、「震度○度」とテレビの速報などで
地震のニュースを見るたびに不安になっていました。
一度、きちんと耐震診断をしていただきたいと思い、
日本耐震診断協会さんにご相談いたしました。
改修工事をしなければいけないところを
ひとつひとつ納得いくまで説明していただきありがとうございました。
おかげさまで安全で快適に生活できるようになりました。

埼玉にお住まいのS様

築20年の住宅ですが、「もし地震が起きたら大丈夫だろうか?」
と不安な思いがあり、日本耐震診断協会さんに耐震診断を依頼しました。
説明も丁寧で、とても相談しやすく、お願いして本当によかったです。
結果は、現在のところ問題がありませんでしたがこれから先、建物が老朽化していきますので、
安心して生活していくためにも定期的に耐震診断は必要だと思っております。
今後もよろしくお願いいたします。

 
お問合せ
pagetop

耐震診断

外壁の赤外線調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について