耐震診断 ホーム > 義務化される「耐震診断」 > 耐震診断業者の選び方での注意点!

1 耐震診断・耐震補強を勧める悪質な業者にご注意ください

昨今、詐欺が大きな社会問題となっています。

耐震診断においても、残念ながら他人事ではありません。
耐震とか診断という言葉を利用して、「大きな地震が来たら家屋が倒れないだろうか?」と心配になっている人達を罠にかけようとしてくるので十分な注意が必要
です。

「私は、大丈夫」と思っておられる方も、以下の文を読んで下さい。
例えば「省庁の依頼により、耐震診断や耐震補強を行っています」「お宅を拝見させていただき、すぐにでも耐震診断をした方が良いです
など、業者を装って訪問するケースが大変増えてきています。
事実、耐震診断はおろそかに出来ません。
いざという時に、人の命を守るための建物の健康診断です。
大切な住まいや人命を守るためにも、耐震診断・耐震補強設計業者の選び方には注意が必要です。

「もし、お金を支払ってしまっても、クーリングオフ出来るし、大丈夫じゃないの?」と思われる方もおられるかも知れません。
しかし、その業者の住所や電話番号がデタラメだったら…?そう思うと、やはり突然訪ねてきた業者に、丁度よいからとお願いする選び方は、得策とは言えません。
詐欺にあわない様、十分な注意を払って下さい。


2 業者登録と有資格者の確認は業者選びの基本

耐震診断はしたいけど、一体どの業者が良いのか、なかなか判断がつかなく業者の選び方に一苦労するのも事実と思います。
人間ですから、最もらしいことを言われてしまうと、つい頷いてしまいたくなるものです。
そんな時は、一人で悩まずに信頼出来る所に業者の選び方を相談するのがベストです。

例えば市区町村によっては、トラブルを防止するために業者を登録しているケースがあります。
まずは、ご自身が住まわれている地域にその登録システムがあるかどうかを、確認して下さい。
また、登録されていないからと言って業者として信用に欠けるとは限りません。

耐震診断・耐震改修技術者としての資格を持っていれば、十分信用に値する業者です。

一般財団法人日本建築防災協会


3 耐震診断の実績と保証も確認しよう

耐震診断を依頼しようとしている業者が信頼出来るか否か確認できたなら、次は実績の有無の確認も大切な事です。
いくら登録をされていても、資格を持っていても、実績が殆どなければ意味がありません。

それは、自動車免許におけるペーパードライバーのようなものです。 誰もそんな人に自分の命を預けたいとは、思わないでしょう。耐震診断業者の選び方も同じです。



4 条件を満たした耐震診断業者から見積りを取る

最後の段階として、ご自身での選び方をもって選び抜いた耐震診断業者に、見積もりを依頼
して下さい。
当方、一般財団法人 日本耐震診断協会でも見積もりを承っておりますので、ぜひご利用して
下さい。

耐震診断の費用の目安、流れ、補助金利用に関しても対応させて頂いていますので、参考に
して下さい。
人々の命を守る大切な建物、満足のゆく耐震診断をしていただきたい。

一般財団法人日本耐震診断協会 料金ページ  


pagetop

耐震診断

外壁の赤外線調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について

採用情報

コラム