耐震診断 ホーム > 実績一覧 > 大阪・奈良 オフィスビル2棟の外壁調査

大阪・奈良 オフィスビル2棟の外壁調査

表題の建物2棟をロープアクセス工法とゴンドラ工法にて調査いたしました。

1棟目

日時   :令和3年2月
建物住所 :奈良県生駒市
調査面積 :1102㎡
調査対象 :タイル面

築約30年、修繕履歴が残っていないとのことで、いつ改修したか、そもそも改修したことがあるのかもわからないとの情報のもと、いざ調査開始。

ところどころに補修跡と思われる箇所が見受けられましたが、タイル浮きが多く見られました。幸い、すぐに剥落しそうな危険箇所はありませんでした。

この日は雪が降るほど気温も下がり厳しい寒さの中での調査となりました。

2棟目


日時   :令和3年2月
建物住所 :大阪市中央区
調査面積 :1162㎡
調査対象 :タイル面

平日は人通りがかなり多いビジネス街でしたので、土日祝を利用し調査を行いました。

各面広い範囲で浮きがある箇所が確認できましたが、こちらも幸い緊急を要して補修が必要な箇所はありませんでしたが、修繕計画を立てることが望ましいと報告させていただきました。

耐震診断

外壁調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について

採用情報

コラム