耐震診断 ホーム > 実績一覧 > 福岡県 ロープアクセス工法による外壁調査

福岡県 ロープアクセス工法による外壁調査

福岡市中央区にあるオフィスビルの打診調査を行いました。

弊協会は大阪府と東京都にありますので、出張です。
作業期間はおおよそ5日間かかる予定でしたので、出張中の天気はとても気になるところです。。。


建物周辺は人通りも多く、ロープアクセスでの着地点も敷地外となるため、
いつも通りですが安全対策の計画も立てた上で、道路使用許可も取り調査に臨みました。

建物の外壁タイルは厚みもあり、下地も厚めであることが予想されたことから、打診での浮きの音判別が通常より困難になることを
考え、1度の降下での打診範囲を狭くして(通常2mピッチほど)、音の聞き逃しがないように取り掛かりました。

ヘアクラックは比較的多く見られましたが、浮き等については補修の跡(アンカーピニング工法)もきっちりと見られ、危険箇所等はないことをご報告させていただきました。

耐震診断

外壁調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について

採用情報

コラム