耐震診断 ホーム > 実績一覧 > 外壁補修工事(ロープアクセス工法)

外壁補修工事(ロープアクセス工法)

作業内容:外壁露筋箇所及びモルタル剥落危険箇所補修工事

和歌山県にてロープアクセス工法による外壁補修を実施させていただきました。

同建物は2018年に建物全体の外壁調査を行い、次に剥落の危険性がある箇所等を優先して補修を進めていっており、今回で3度目となります。

今回も作業初日に調査を行った所、昨年に比べ劣化が進行してる箇所が確認できました。1年に1回くらいのペースで何回かに分けてこのように調査→危険箇所をピックアップし補修を行うことで剥落事故を防ぐことができます。

また雨漏りの原因ともなる、シーリング劣化部の打替え等も対応しております。

弊協会では大阪府と東京都に事務所がございますが、大阪府のまわりでは兵庫県、京都府、滋賀県等、関東では東京都はもちろん埼玉県、千葉県、神奈川県等、多くご依頼を頂いております。
また九州から北海道まで日本全国対応させて頂いておりますのでお力になれる事がございましたら是非お問い合わせ頂ければ可能な限りご対応させて頂きます。

耐震診断

外壁調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について

採用情報

コラム