耐震診断 ホーム > 実績一覧 > タイル落下を未然に防ぐ外壁調査

タイル落下を未然に防ぐ外壁調査

新型コロナウイルスの影響が弊協会の業務にも大きく出てきており、決定しておりました業務の半数以上が延期となっております。
ワクチン、薬が開発されるまでは3密を避けた生活が強いられると思われます。

そんな中弊協会の業務のひとつの外壁調査等は基本的に建物の外で作業を行いますので、人との接触は行わずに作業が可能となっております。

業務のご依頼を頂きました際には人との接触等には厳重に注意をしながら行っていきたいと留意しております。

タイル剥落(目荒しがない状態、剥離剤の付着がみられる)

さてマンションの外壁が剥がれ落ちるといったトラブルは全国で後を絶ちません。
「施工不良が原因」として、住民らが施工会社に修繕費を求めて訴訟に発展するケースもあります。

万が一 タイルが剥落した場合、まずは全面打診等をして頂き全体の損傷(浮きや亀裂)がどのくらいあるのかを把握して頂くのが良いと考えます。
年数が経過している場合、殆どが「経年劣化」との判断になる事が多いです。
それを防ぐひとつの案としては竣工後3年程で一度全面外壁調査等をして頂き、外壁の劣化状況を確認して頂く。
その時点で外壁劣化が異常に多いのであれば保険の対応で補修が可能となるケースもあると思います。
また3年では経年劣化とは考えにくいです。


これまで全面打診を行うのにも、仮設足場、ゴンドラ、高所作業車から打診を行うのがこれまでは当たり前でしたが、
弊協会ではロープアクセス工法での打診調査、赤外線カメラを使用した赤外線調査を積極的に行っております。

ロープアクセス工法による外壁調査

上記の外壁調査方法のメリットとしましてはまずコストが安い事があげられます。そして工期の短縮にもなります。
また、仮設足場を設置した場合、調査~工事まで設置したままとなりますが、
ロープ打診を行った場合、タイルの浮き数量の確認をし、予算に対しての工事方法の決定をし、そこから足場を設置し工事に取り掛かる事が可能となります。

赤外線画像

赤外線調査は特定建築物定期報告の外壁全面打診等の調査方法としては認められておりますが、精度の点ではやはり直接打診をする方が確実です。
ただ赤外線調査は下地浮きの危険な箇所等の浮きははっきり結果に出る事が多いです。
また手の届く範囲は打診調査をさせて頂きますので、コストを抑えて赤外線調査を行い全体の損傷度合を調べるといった位置づけでという点では良いと思います。

外壁タイルはデザイン性が高く、建物躯体のコンクリートを保護する効果が高いことからも多くのマンション、ビルで採用されております。
いざ大規模修繕工事の時に想定以上の金額の見積もりがきて、管理組合組合名義で金融機関から融資受けざるを得ないということにもなりかねません、、

そういった事を未然に防ぐ意味でも数十万~をかけて、まず外壁調査を行い外壁タイルの劣化状況を把握される事をおすすめ致します。

弊協会では大阪府と東京都に事務所がございますが、大阪府のまわりでは兵庫県、京都府、滋賀県等、関東では東京都はもちろん埼玉県、千葉県、神奈川県等、多くご依頼を頂いております。
また九州から北海道まで日本全国対応させて頂いておりますのでお力になれる事がございましたら是非お問い合わせ頂ければ可能な限りご対応させて頂きます。

耐震診断

外壁調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について

採用情報

コラム