耐震診断 ホーム > 実績一覧 > 外壁調査後の外壁補修工事

外壁調査後の外壁補修工事

※※※外壁調査から補修工事までの実例※※※

兵庫県神戸市にて特定建築物定期報告の必要があった為、外壁調査(赤外線調査)を実施した後にタイル面及び吹付面の補修工事を実施させて頂きました。



まずは赤外線調査での画像です。北面になりますが温度がはっきり出ております。※赤外線調査はあくまで非接触の調査方法となる為、なるべく打診調査が可能な範囲は打診を行い精度を高める事を心掛けております。

またタイルの浮きしろによって温度分布が出ない事もある事から、どこまで参考にできるのかのご説明はきちんとさせて頂く必要があります。

白枠内に囲んである範囲に温度分布が高い箇所が確認できます。
また軒裏も温度分布の高い箇所が確認できます。
実際に仮設足場より打診調査を行った所、こちらの白枠内のタイル面は浮いているだけではなくて、剥落しそうな状態でした。
このタイミングで補修を行って良かったと思います。


この箇所は注入での補修ではなくタイルの貼替えを行いました。
目地切り→タイル斫り→清掃→プライマー塗布→下地調整→タイル圧着→
目地充填 →完成の工程となります。

旧補修跡
カッター切り
斫り
清掃
プライマー塗布
下地調整
タイルセメント充填
タイル圧着
目地充填
完了 キレイです!

今回タイル貼替時に使用しましたタイルはサンプルを取り寄せ、元請け様、設計事務所様と打ち合わせを行い決定させて頂きました。



次に下地浮きに対してアンカーピニング工法での補修となります。
こちらは無振動ドリルを使用していきます。
※無振動ドリルは音の響き方が抑えられ通常のドリルと比べ音の響きがまだましになります!

タイル下地浮き 穿孔状況
樹脂注入状況
ステンピン挿入
穴埋め
完了となります

耐震診断

外壁調査

その他業務内容

日本耐震診断協会について

採用情報

コラム